忍者ブログ

主計ブログ

フリーゲーム『CardWirth』の自作シナリオを公開しています

梅雨とオーガ


もやし    「あいつ・・・デカいな」
筋肉     「強そうだ」

冒険者たちは顔にたかる羽虫を手で追いながら気弱に呟いた。

視線の先には身長3メートルはあろうかという食人鬼の巨躯がある。
茂みに潜む冒険者に気付きもせずのんきに昼寝を決め込んではいるものの、
時おりピクリ、ピクリと周囲の気配に敏感に反応し生来の警戒心の高さをうかがわせる。

筋肉     「やっぱりやめとくか」
 老いぼれ  「・・・・」
 
オーガ退治の依頼を受けたのはいいが、
土壇場で踏ん切りのつかない冒険者たちは情けない顔を見合わせていた。
それでいて引き上げる決断もしかね、ぐずぐずとその場で時を浪費し続けている。

 


優等生    「・・・雨」

ふいに冒険者たちの上に雨粒が落ちてきた。
そしてそれがもやしたちを一挙に行動に踏み切らせた。

もやし    「やるなら今だな」
筋肉     「ああ」

冒険者たちは降りしきる雨音に紛れて忍び寄ると
思い切って無防備なオーガの背に刃を突き立てた。



オーガ   「グワアアアアアアアアアアアアアアアアアッツ!?」


必殺を期した一撃は、しかし
オーガの厚く盛り上がった筋肉に阻まれ浅手に留まる。

筋肉     「畜生ッ!」
 老いぼれ  「もとより一撃で仕留められる相手ではない!4人がかりでやるぞ」

怒号と悲鳴が交錯し、泥と飛沫と血が飛び交った。
さらに数太刀浴びてもなお巨漢の食人鬼は揺らがない。
腸を震わせる絶叫とともに拳骨を振り回しては未熟な討ち手を怯えさせる。

筋肉     「こいつ、斬っても突いても全然こたえねぇぞ!」

狂乱のただなかにある筋肉の罵声が、逆に老いぼれを冷静にさせた。
雑魚ならばいざしらず、体力の塊のようなオーガ相手には強力な一撃で一挙に戦闘力を奪わねばだめだ。
そしてふと己の手札に「居合切り」の技のあることに今さらのように気付いた。
 
老いぼれ  「イヤーッ!」

裂帛の気合とともに繰り出された刃は
嘘のように容易に食人鬼の横腹を切り裂いた。

オーガ   「グ、グワーーーッ!!」

こぼれたはらわたを引きずるその足をもやしが斬り、
さらに崩れたところを筋肉が駆け寄ってすかさず止めを刺した。



もやし    「いやぁ俺たちもまんざらでもないな」
優等生    「立派なものですよ」
筋肉     「一人前の仕事さ」


芯まで染み入るような雨に打たれながらの帰路ではあったが、
首尾よく強敵を仕留めおおせた冒険者たちは興奮冷めやらず意気軒昂としていた。
 
老いぼれ  「ああ、そうだな」

仲間にそう応えつつ、命のやり取りのさなかで己が一抹の冷静さを保ち得たことに
老いぼれはひとり満足していた。

 

 

今回のシナリオはハーバーさんの「梅雨とオーガ」です。
タイトルは今一つピンとこなかったのですがいざプレイしてみると情景描写がとても丁寧かつ
印象としては必要最小限にして濃厚といった感じで、物凄く好みのタイプのシナリオでした。

拍手

PR

comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]